ホーム  〉皮膚の基礎知識  〉皮膚の若返りはできるのか?

皮膚の若返りはできるのか?

肌は表皮(0.2mm)と真皮(2mm)、その下の皮下組織(2~10mm)で構成されています。表皮と真皮の間に基底膜という膜があり、そこにある表皮幹細胞が表皮細胞を次から次へと生み出して表皮のターンオーバーを司っています。その隣にはメラノサイト(色素細胞)がメラニンを発生して表皮細胞に受け渡しています。

表皮の下には真皮があります。真皮の大半を占める網状層には線維芽細胞がまばらに存在し、太くて柔らかい柱のようなコラーゲン繊維や、バネのよな弾力を持つエラスチン繊維、隙間を埋めるゼリーのようなヒアルロン酸などのタンパク質を生み出しています。
真皮の網状層を構成するタンパク質が豊富な状態なら、ハリと弾力と潤いのある肌になります。

これらのタンパク質は常に分解と生成が繰り返されており、このサイクルを司っているのが線維芽細胞です。

■ 肌組織の構造

■ ターンオーバーの仕組み

次世代のスキンケアで、皮膚の若返りを!

コラーゲン繊維の質

活性の良い線維芽細胞は太くてハリのあるコラーゲン繊維をどんどん作り出します。一方の活性の悪い線維芽細胞は、細くて力のないコラーゲン繊維しか作り出せません。コラーゲンを外から浸透させてもこの柱を太くすることはできません。ハリと弾力があり、みずみずしい潤いのある肌を作り出すには、線維芽細胞を活性化し、太くて力のある繊維状タンパク質を作り出させることが重要です。

ターンオーバーと肌のくすみ

肌の表面の表皮は、角質層と表皮細胞で構成されます。表皮の底辺、基底膜にある表皮幹細胞が表皮細胞を次々に生み出すことで、表皮細胞を肌の表面へと押し上げます。これがターンオーバーの源です。この基底膜上には表皮幹細胞と並んでメラノサイト(色素細胞)があり、紫外線に反応してメラニン色素を生産し表皮細胞に受け渡しています。
ターンオーバーの周期は年齢とともに長期化してしまいます。ですが、紫外線等から肌を守ろうとするメラニンは変わる事なく生産されます。その結果、表皮細胞内のメラニン濃度が高くなり、肌の透明感が失われていきます。これがくすみの原因です。
ターンオーバーが滞ったままメラニン濃度の高い状態が続くと、基底膜内にメラニンが侵入していまい、シミや色素沈着の原因となってしまいます。ターンオーバーの周期は表皮細胞の生産量によって決まります。つまり、表皮細胞を生み出す表皮幹細胞の活性がターンオーバーを司っているのです。表皮幹細胞を活性化し、ターンオーバーを促進することでキメの整った透明感のある肌を取り戻すことができます。

■ 肌老化のメカニズム

反発力と吸収力

皮膚は反発力と吸収力を持っています。強い肌組織は反発力が大きく、弱い肌組織は吸収力が大きくなります。真皮のコラーゲンやエラスチンが丈夫で柔軟性があり、ヒアルロン酸がなみなみと存在すれば反発力となり、これらタンパク質が減少すると吸収力となって現れます。
最初に現れるシワは、瞬きによって最も動きの多い箇所、目元です。真皮層のタンパク質が減少し組織が弱くなると、瞬きの動きを吸収するようになってしまいます。この状態が長期間続くと、最も弱い一本の線上に応力が集中し、その部分の組織が崩壊することで、シワとなって現れるのです。目尻のシワは老化のサインです。

肌バランス

タンパク質は分解酵素と線維芽細胞の働きで常に再生されています。線維芽細胞の活性が悪くなることによって、このバランスが崩れます。分解が滞ると古いコラーゲンが皮膚に溜まってしまい、厚くて硬い男性のような肌になってしまいます。生成が減ってしまうと組織が弱くなり、シワの原因となります。健康な肌の管理は、この肌バランスをコントロールすることが重要です。

このバランスを司っているのが真皮層にある線維芽細胞です。線維芽細胞の活性が良いと、丈夫な繊維状タンパク質が生成されます。線維芽細胞の活性が落ちてくると、脆弱な組織になってしまうのです。

表情は、最深部の筋肉が伸縮し皮下組織や真皮そして表皮が変形することで現れます。真皮にタンパク質が満たされれている状態であれば、その反発力と柔軟性でシワは現れません。真皮のタンパク質が減少し反発力と柔軟性が失われてくなると、表皮にシワが現れれます。これが繰り返されるうちに弱い組織が崩壊し、筋肉の動きに関係のないシワが刻まれてしまいます。

■次世代のスキンケア

これまでのスキンケアは、減少してしまった成分をいかに補うかにフォーカスしていました。肌に浸透させるか技術が鍵となるわけですが、減少したものを補填しているにすぎず、根本的な問題の解決にはなっていませんでした。

これからのスキンケアについては、最新の再生美容においては、根本的な原因に着目しはじめています。根本的な原因とは、細胞の活性です。真皮幹細胞に線維芽細胞を増産させ、線維芽細胞に丈夫なタンパク質を量産させ、表皮幹細胞に表皮細胞を量産させることです。
細胞が活性化すると自らSODや成長因子も量産し始めますので、悪循環を断ち切り、活性サイクルに導く事ができるのです。

これが、再生医療から派生した幹細胞コスメです。