ホーム  〉皮膚の基礎知識  〉アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症です。

■アトピー性皮膚炎とは?

アトピー肌には適切な洗浄と保湿からなるスキンケアが重要です。

■アトピー性皮膚炎の原因

長期にわたり皮膚の炎症が続くアトピー性皮膚炎。炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。
免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係します。

■アトピー肌を落ち着かせるスキンケア

アトピー肌に対しては、バリア機能が異常な状態を補正すること、つまり適切な洗浄と保湿からなるスキンケアが重要です。

皮膚を清潔に保つ

皮膚に付着したホコリ、汗、細菌などを洗い流し、清潔に保つことが重要です。石鹸などは、洗浄力が強過ぎないものを使います。パラベンなどの防腐剤や香料が刺激となる場合もあるため、低刺激性の製品を選ぶとよいでしょう。ゴシゴシ擦るとバリア機能が低下するため、よく泡立てて爪を立てずに洗います。直接皮膚を傷つけないように爪を短く切っておくことも重要です。その後、洗浄成分が皮膚に残らないよう十分にすすぎ、タオルで押さえるようにして軽く拭きます。体が温まるとかゆみが増すため、比較的高い温度のお湯は避けましょう。

保湿して乾燥を防ぐ

洗浄後、皮膚からは水分がどんどん蒸散していくので、できるだけ早く、十分量の保湿剤を塗って乾燥を防ぎ、皮膚のバリア機能を保ちます。入浴剤は保湿剤の入ったものであれば使用したほうが良いでしょう。保湿剤の成分によっては刺激となる場合もあるので、自分に合ったものを選びましょう。