ホーム  〉皮膚の基礎知識  〉大人ニキビの正体

大人ニキビの正体

大人ニキビは思春期のニキビとは原因が異なります。ホルモンの働きが高まる思春期は、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まったり、汚れたりします。これがアクネ菌の繁殖を招き、結果、ニキビができやすくなります。

このタイプのニキビは、まめに洗顔をするなど、清潔を心がけることである程度予防できるのですが、大人ニキビの場合は、発生原因が異なるため、対策が少々困難です。

■大人ニキビとは?

大人ニキビは、毛穴づまりを除去し、アクネ菌の増殖を抑え、炎症を鎮めることが大切!

■大人ニキビの発生原因

大人ニキビの発生には、化粧やストレス、ホルモンバランスの乱れ、新陳代謝の悪化など、様々な要因が関連していると考えられています。
過度のストレスや不規則な生活パターン、長時間の乾燥などが体のバランスを崩し、肌が生まれ変わる本来のリズムを乱していきます。
化粧や肌の脂分によって塞がれた毛穴にアクネ菌が増殖して発生するニキビに加え、ストレスや環境の変化が生み出すニキビが、近年の「大人ニキビの急増」へとつながっていると考えられます。

■大人ニキビの危険信号

口まわりや顎など顔の下側にニキビが集中してできたり、1個ずつニキビができるようになったら要注意です。そのニキビの治りが遅ければ、「大人ニキビ危険信号」と考えましょう。大人ニキビは、治りが遅いこともしばしば。思春期ニキビとは発生原因が違うため、いつまでも昔と同じ対策ではなかなか完治しません。治療には、毛穴づまりを除去し、アクネ菌の増殖を抑え、炎症を鎮めることが大切です。