ホーム  〉皮膚の基礎知識  〉オートファジーについて

オートファジーについて

■ オートファジーとは

細胞内で不要となったものを分解するシステム。

ギリシャ語で「Auto:自分+Phagy:食べる」を合体させた造語。

自食作用とも呼ばれる。

 

オートファジーにより分解されるもの

・タンパク  ・核酸 ・膜脂質

・細胞小器官 ・細菌 ・ウイルス など

■ 大隈良典栄誉教授「ノーベル医学・生理学賞」受賞!

2016年ノーベル医学・生理学賞の受賞者に東京工業大学栄誉教授の大隈良典さんが選ばれました。

 

受賞理由は

「オートファジーのメカニズムの解明」