ホーム  〉リバースエイジング

ヒト幹細胞培養液の基礎情報

■ ヒト幹細胞培養液とは

ヒトの脂肪細胞から取り出された幹細胞が培養の際に分泌する分泌液のことです。150種類以上の肌の成長因子が含まれるといわれています。この幹細胞を補うことで、新しい細胞が新しく生み出されます。

■ 有効成分

サイトカイン

(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)

→ 細胞の活性を促すさまざまな成長因子

細胞外マトリックスタンパク質

(コラーゲン)(ヒアルロン酸)(エラスチン)

→ 保湿や美白、新陳代謝の活性化、血行促進、抗炎症作用


SOD(抗酸化酵素)などの酵素・ビタミン

→ 老化の原因となる活性酸素を除去します。

他にも150種類以上の肌の成長因子が含まれるといわれています。

■ 効果

生理的活性の強い500種類以上のタンパク質成分などが細胞の活性を促し、鈍くなった細胞を呼び覚まします。
サイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が肌の抗老化、肌組織再生、頭髪発毛、肌の美白などの多様な効果を促進します。

■ メカニズム

肌のターンオーバーとは、「古い肌が新しい肌へ生まれ変わる」ことです。ターンオーバーを司るのが「表皮幹細胞」です。また、表皮を下から支えている真皮には、肌のハリや弾力をキープするためのコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸があり、これらの成分をつくり出す「線維芽細胞」が存在しています。

細胞の活性により、真皮幹細胞に線維芽細胞を増産させ、線維芽細胞に丈夫なタンパク質を量産させ、表皮幹細胞に表皮細胞を量産させます。
細胞が活性化すると自らSODや成長因子も量産し始め、活性サイクルに導きます。

細胞を活性化 → SOD増加 → 抗酸化力上昇 → 細胞老化ストップ →
成長因子増加 → タンパク質増加 → シワ改善
成長因子増加 → 細胞分裂増加 → ターンオーバー短縮 → シミくすみ改善

肌老化の仕組みと根本原因
成長因子の働き
幹細胞の役割と効能
再生医療の鍵となる幹細胞
注目のヒト幹細胞培養液
アンチエイジングからリバースエイジングへ
ヒト幹細胞培養液によるスキンケアの革命