N-アセチル-グルコサミン

ホーム  〉取扱材料  〉???  〉NovHyal

NovHyalの基礎情報

NovHyalとは、パーソナルケア用として

開発された画期的な有効成分です。

ヒアルロン酸の代謝課程に関与する主要な因子
効果検証

■ NovHyalとは

■ 有効成分

水溶液

N-アセチル-グルコサミン-6-リン酸25g/Lを含有

97%を超える高純度

50%グリセリン

無菌性

防腐剤無添加

動物由来原料不使用

■ 効果

皮膚基質の再生を促進

■ メカニズム

コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入ります​コメントが入

ヒアルロン酸の生成を促進

ヒアルロン酸生成量:48時間で282%増加

実験方法ご確認中

生成促進効果

グリコサミノグリカン生成の促進

NovHyal:皮膚全体に均一

レチノール配合クリーム剤:表皮真皮接合部に限局

何も使用していない皮膚(対照)

グリコサミノグリカン(青色で示した部分)の量が少なく、その大半は表皮真皮接合部付近に存在。

酵素

リン酸

(鉱物由来)

NAG-6-リン酸

N-アセチル-グルコサミン-6-リン酸

CAS番号:102029-88-9

レチノール配合クリーム剤を使用した皮膚

グリコサミノグリカンの生成量は多いが、その大半は表皮真皮接合部に限局している。

NovHyal20%を使用した皮膚

グリコサミノグリカンの生成量は多く、真皮乳頭層全体によく行き渡っている。

使用後10日目でみたグリコサミノグリカン生成量

NovHyalのみ:84%増加

補強効果-CD44の活性化

表皮真皮接合部の状態

NovHyal:表皮真皮接合部は強化している

レチノール配合クリーム剤:肥厚している

何も使用していない皮膚

表皮の構造は良好に保たれているが、表皮真皮接合部は脆弱。

レチノール配合クリーム剤を使用した皮膚

表皮に強い刺激が加わり、肥厚の徴候がみられる。

NovHyal0.4%を使用した皮膚

表皮の構造は良好に保たれており、表皮真皮接合部の状態もきわめて良い。

ヒアルロン酸に結合する細胞表面レセプター(CD44)

NovHyal:活性化を大いに高める

レチノール配合クリーム剤:活性化をある程度高める

何も使用していない皮膚

基底層でのCD44の発現量は多い。

レチノール配合クリーム剤を使用した皮膚

基底層でのCD44の発現量は多い。

NovHyal0.4%を使用した皮膚

基底層でのCD44の発現量はきわめて多い

(増加している)。

若返り効果

線維芽細胞による再生:48時間で120%亢進

実験方法ご確認中