TOP  〉研究原料  〉R1

R1

REJUVENATION(若返り)

肌を構成している骨組み基盤をしっかりとすることにより、肌本来のハリ、弾力をよみがえらせる。

コラーゲン繊維を太くし

エラスチンによって弾力を強化。

コラーゲン、エラスチンの産生促進。

DNAの損傷を防ぎ修復経路を活性化。

In-Cosmetics 金賞、銀賞受賞原料を配合

TIGHTENIYL

真皮構造基盤の改善

・弾性繊維修復

・コラーゲン繊維径の均一化

・皮膚マトリックス構成

EYEDELINE

・血管透過性を抑える

・ビリルビンの分解促進

・Ⅰ型コラーゲンとエラスチンの生成促進

・コラーゲンの糖化と

 それによる有害効果を防止

JUVELEVEN

・FOXO3a応答エレメントの活性化

・DNA修復経路を活性化

・光防護効果

・BaPに誘発される遺伝子損傷から

 線維芽細胞を保護

・汚染物質からの各種細胞を保護し、

 DNA損傷を減少

・老化線維芽細胞を減少させ細胞を

 11歳若返らせる

SWT-7L

細胞由来幹細胞に働きかけ

GFの分泌を促進。

GFがケラチノサイトの再生を誘導し、

表皮基底層の密な構造を強化

Miniporyl

ケラチノサイトの分化正常化

・・・複数の分化マーカー発現促進

(ターンオーバーの正常化)

皮脂の過剰分泌抑制

・・・5α-リダクターゼⅠの活性阻害、

   皮脂の合成抑制

収斂作用

・・・コラーゲンの収縮力強化

  (毛穴のたるみ引き締め)