ホーム  〉取扱材料  〉???  〉タイトニル

タイトニルの基礎情報

真皮を再生し、フェイスリフティングが可能になる。

効果検証

■ タイトニルとは

■ 有効成分

???

???

■ 効果

・皮膚バイオリフティング

・皮膚たるみ防止

・アンチエイジング

・皮膚硬化

・V字再構築

・顔􄛾輪郭再形成

■ メカニズム

N-アセチルグルコサミン6-リン酸

グルクロン酸

硫酸マグネシウム

ECMが再構成される

「皮膚􄛾生体内活性化前駆体をお届けします」

細胞のS-GAG産生における活性化

成熟/超成熟線維芽細胞におけるGAG合成が、それぞれ34%および19%増加。

プロトコール:

細胞:41歳および62歳のドナーから採取したHNF(ヒト正常線維芽細胞)

処置:1.2% Tightenyl™

時間:3日間

検出:特定のキット検査を用いたS-GAGおよびN-硫酸化

GAGの定量

ヘパラン硫酸がそれぞれ66%および32%増加。

硫酸コンドロイチンとヘパラン硫酸の発現(ex vivo)

ヘパラン硫酸と硫酸コンドロイチンが14%増加。

レチノールよりも良好な結果!

プロトコール:

45歳ドナーの外移植片

処置:0.6%Tightenyl™または市販のレチノール含有

   クリームの局所適用

期間:8日間

検出:免疫染色